--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-28

The String Cheese Incident

20050928233601
ストリング・チーズ・インシデントのライブを渋谷AXで観てきました☆

 ボナルー・フェスのDVDを観て以来、SCIの虜に。。ドノバンのライブの時にフライヤーでこのライブをしり即買いしました。

 自分達でジャムセッションをしてはまったときの高揚感をSCIのライブを見ているときにも感じたりして、ステージと客席との一体感というものを感じました。単調なフレーズの繰り返しや耳にスムーズに入っていくメロディー…身を任せる事で覚醒的なものも感じることも。。
 インプロヴィゼーションやリズム、ハーモニーなどバンドでの楽しみの他にクラブ的要素も入り混じって、さまざまな楽しみ方が出来るのもジャムバンドの楽しみの一つなのでしょう。。

 約1時間のライブを2セット。最高の一言です(∪o∪)
スポンサーサイト

theme : ライヴレポ・感想
genre : 音楽

2005-09-22

グレイトフル コンドーム

20050922005100
 グレイトフルデッドのコンドーム(゜o゜)です。骸骨マークが何気にコンドームの形に…更に内側にはニッコリ笑顔のコンドームのキャラクターが愛らしいですo(^-^)o

 グレイトフルデッドとはグレイトのスペルが違っています。…バッタもん!?

MADE IN JAPAN

2005-09-21

隠れグレイトフルデッド

 海外ドラマ「ナッシュブリッジス」でナッシュの同僚の刑事がつけている腕章…良く見たらグレイトフルデッドの骸骨が。。

 ディズニーランドで隠れミッキーを探しだしている気分に通ずるものがあったり、なかったりf^_^;

2005-09-20

続 ZIPPO修理

20050920133604
修理から戻ってきました。

 蝶番の緩みも直り、本体部分は新品に…これで送料のみ。ジッポー万歳(^O^)/

 11/5、6に横浜赤レンガ倉庫でジッポーの売買、交換をするイベント「ジッポー横浜スワップミート2005」があるらしい。。

2005-09-12

ジッポーライターの修理

愛用の初期型レプリカのZIPPOライターを修理に出してみました。
 蝶番があまくなっているのと内部の“返し”の部分が機能不全になってしまっていたのを直してもらうかんじです。

 ZIPPO社は創業してから無料修理をしているのは知っていたのですが日本でも東京と名古屋で出来ることを知り、出してみることにしました。
 時間はかかるかもしれないですが試したい、使い続けたいという意識から出してみることにしました。

 最近、いろいろとあるので郵便で出せないかと思いきや窓口ですんなり。
 今は待ち遠しい日々を送っています。

2005-09-09

レモンオイル☆

20050909222401
お肌のスキンケア商品のようなものです。ギターなどの指板に塗ることで乾燥や余計な水分から守ります。

 以前使っていたレモンオイルよりも粘度が高くて良さそうな感じ。プラシーボかもしれませんが…。
FREEDOM SP-P-11

theme : ギター
genre : 音楽

2005-09-08

ベン・ハーパーにジャック・ジョンソン…coleclark

 以前にベン・ハーパージャック・ジョンソンが使用しているメーカーでCole Clark(コールクラーク)というメーカーを紹介しましたが、日本でも買えるようになったみたいです。
 雑誌で見かけて調べていたのですが、ここに書くよりも前にコメントしてくれたようで…。

 ブラックウッドのモデルを弾いてみたいものですが、入荷してるのかな…。

黒澤楽器 Dr.Sound お茶の水店
GUITAR PLANET

上記のお店でコールクラークを取り扱うようです。今はラップスティールに興味津々(^^)

ColeClark Japan

theme : 楽器
genre : 音楽

2005-09-05

「路上」ジャック・ケルアック

20050905011800
ビートニク文学の最高峰と言われている本です。
 内容は一言で言えば今を生きる。。アメリカを東から西へ西から東へ気の向くまま旅をしていく話。
 ヒッピー文化の初期。何かを求めて彷徨う若者の精神的な面を描いている作品。

 グレイトフルデッドのジェリー・ガルシアもこの本に感化されたとか…。

2005-09-04

Donavon Frankenreiter LIVE

20050904003511
9/2リキッドルームで行われたドノバン・フランケンレイターのライブに行ってきました☆
アコギ2本とパーカッション、ピアノとアコースティックに始まり、徐々にエレクトリカルに…ベーシストがアコギとラップスティールを弾いていたのには触発されましたo(^-^)o

 ドノバンは最初マーチンのアコギを手にし、華麗な右手のピッキング、フィンガリングを見せた、ベーシストもメイトンのドレッドノートタイプでメロディーを…ドラムはジャンベとタンバリンのようなものでリズム…ピアノは生ピアノで…とアコースティックな感じで。

 中盤はフルアコ…おそらくギブソンあたりを手にし、ベーシストはラップスティールギターとエレキベース、ドラムはセットに座り通常のバンドスタイルに。

 後半はフェンダーのテレキャスター…シンラインを持ち、ベーシストはフェンダーのジャズベース…ロックな感じで熱く盛り上がりました。

 前座のホワイトバッファローも良かったし…カントリーなかんじでロン毛髭のおっちゃんの弾き語りでした。行って良かった(TT)ベーシストの雰囲気も最高…。んでもってドノバンのような…あんな声になりたいなって(∪o∪)。。。

theme : ライブ
genre : 音楽

プロフィール

デュー

  • Author:デュー
  • Bass player
    ソウルタナティヴ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。