--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-29

Live in concert/Michel Petrucciani Trio

MPT.jpg

1999年、36歳で亡くなったミシェル・ペトルチアーニが1998年2月8日ドイツのシュツットガルトで行なったライヴDVD。
 スティーヴ・ガッド(dr)、アンソニー・ジャクソン(b)のピアノトリオで中身は極上・・・最高のライヴDVDです。ミシェル・ペトルチアーニが二人との競演を望んで、自身で働きかけて実ったトリオでのライヴです。

曲目
1 Little Peace in C
2 Brazilian Like
3 Chloe Meets Gershwin
4 September 2nd
5 So What
6 Guadeloupe
7 Take the 'A' Train
8 Cantabile

 ジャズはよく分からない。って思っている人でもすぐに入っていける感じです。CDから聴いてみたい人には東京青山のブルーノートでのライヴ音源“Trio In Tokyo”がオススメです。

 アンソニー・ジャクソンの映像を始めてこのDVDで見ました。病み上がりで少し痩せてはいるものの極上プレイの連続でたまりません\(◎o◎)/

ちなみにTSUTAYAにLive in concertのDVDがあります。
★30日間完全無料でDVDが借り放題!!★

宅配DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
スポンサーサイト

theme : おすすめの一枚
genre : 音楽

2005-05-29

マーチンが欲しい?

 質の良いアコースティックギターが無性に欲しく、C.F.Martinマーチン)も候補にあがっています。予算や仕様でワタクシが良いなぁなんて思ったブツを書いてみます。
 ドレッドノート、side&back材はローズウッドもしくはコア、予算200000円前後。

D-28s.jpg

D-28 \179800~
 いきなり王道ですがやっぱり良いものは好いものです(@_@。
side&back材はローズウッド。top材はスプルース。
 ヴィンテージや中古、新品とありますが数が結構出回っているので試し弾きをしまくってグッとくるものに出会いたいものです。
新品でもヴィンテージシリーズというものがあるのでそれをチョイスするのもありかも。

D-35 \168000~
 バック材が3ピースのドレッドノートです。なにやら材木が不足していた時代に作られた使用のようです。
side&back材はローズウッド。top材はスプルース。
 The String Cheese IncidentのBilly NershiがDVDのなかでこのタイプのものを使っていました。

SPD-16K \170000~
 side&back材はコア。top材はスプルース。オールコアのSPD-16K2もあります。
 メイトンコールクラークが買えない日本国民としてはブラックウッドの音に近いコアを使っているギターも良いかも。

D-40以降D-41D-42D-45あたりは値段が高く、手が出ないので書きません(>_<)

C. F. Martin & Co., Inc.

more...

2005-05-26

ジャコ・パストリアス使用機材表



 ジャコ・パストリアスの使用していた機材をBASSマガジンジャコパストリアスの肖像、CDのPortrait of jacoなどを基に書いてみます。

ベース
Fender JazzBass(1967年製)
 ジャコのイメージではドットのポジションマーク(※指板に埋めてあるマーク)だが初めて手にしたベースはブロックポジションマークのものだった。

ウッドベース
 高校時代から74年まで使用。その後、友人ボブ・ボビングが持っていたジャズベースと交換した。

Fender JazzBass(1960年製)(No.SN026100)
 ウッドベースと引き換えに手に入れたベース。黒いジャズベースでメンテナンスをする際フレットを抜いたままで演奏をし、以降フレットレスベースを好んで弾くようになる。
 クリアでダイレクトなサウンドを得ようと同軸二連のポッドを2ヴォリューム1トーンの3コントロールに改造。後にセッションプレーヤーのジョン・ポーラスに425ドルで売り渡す。

Fender JazzBass(1960年製)(No.SN57308)
 フレテッドのジャズベース。サンバーストで重量は平均的だがレゾナンスが豊かなベース。現在は行方不明。

5弦フレットレスアコースティックベース(1974年製)
 ギタービルダーのラリー・ブレズリンと共同デザインした高音弦をはった5弦ベース。ハカランダ指板、34インチネック、ハカランダside&Back、スプルーストップ。完成時に500ドルを支払った。現在はリペアマンのケヴィン・カウフマンが所有。

Fender JazzBass(1960年製)(No.SN842429)
 82年のワード・オブ・マウス日本公演の際に持ってきたベース。その後アイバニーズがナチュラルにリフィニッシュ。現在じゃ行方不明。

Fender JazzBass(1963年製)(No.SN L14769)
 ジャコの教則ビデオ「モダン・エレクトリック・ベース」で使用していたベース。ネックが修理中だったために70年代のプレジションベースのネックを取り付けていた。

Fender JazzBass(1960年製)
 活動末期に所持していたベース。

Fender JazzBass(1962年製)(No.SN64437)
別名ベース・オブ・ドゥーム
 世界でもっとも有名なフレットレスベース。ジャコが活躍していた時代このベースのことをジャコ自身何度も話題にしていた。
このフレットレスほどの音が出るベースはほかにないんだ
 80年代半ばに誰かと口論になりこのベースを叩き割る。15個の大きな破片となりリペアマンのカウフマンが修理。ジャコの手元に戻ったベースは85年にニューヨークのセントラルパークに放置して紛失してしまう。 

GUILD フレットレス
 ベースアンプメーカーのHartke systemsの広告でジャコが弾いている写真が載っている。

Steinberger ヘッドレスベース
 スティングから試してみなよと言われ、弾いてみたところ気に入って手に入れる。

アンプ
サン
 15歳の頃に使っていた。

アコースティック 360 (キャビネット361)
 200Wのパワーアンプ。プリアンプ部にはファズも付いていた。ボブ・ボビングとジャコが見に行ったカルロス・ガルシアのギグでこのアンプのサウンドを聴き二人とも楽器店で360を購入。

アコースティック 370 (キャビネット371)
 詳しくは不明だが、370と360を同時に使用していた時期があるらしい。

GUILD/Hartke (キャビネット)
 試作のアルミコーン搭載のモニタースピーカーを聴いたジャコはベース用スピーカーキャビネットの製作を依頼。

エフェクター
MXR デジタルディレイ
 ジョニ・ミッチェルのツアー中に使用。パット・メセニーもこのときに使っていた。

ノーブランド ファズ&ディレイ
 弾いたフレーズをメモリーして繰り返すディレイ付きファズ。

 他にもあるかもしれませんがこれだけピックアップしてみました。行方不明のジャズベースがひょっこりワタクシの手元に・・・なんて夢想をしてみたりしたりして(笑)

2005-05-26

間近ですが^_^;

 今月の5月30日に急遽ライブが決まりました。実験的なライブになるかも・・・。

■場所
大塚レッドゾーン
■時間
5月30日(月)夜の6時30分から(ポイントは1バンド目です。)

 足を運んでくれるという方はお手数ですがpoint@point-point.jpまでメールをください。
points.jpg

POINT☆Official Web Site
大塚レッドゾーン

2005-05-22

アフリカンフェスタ

africa.jpg

 5/21、22に日比谷公園で行われたアフリカンフェスタに行ってきました。入場料が無料なので音楽フェスに行きたくても懐が寂しげなワタクシにはうってつけな…f^_^;

 小音楽堂と小さめの特設ステージ、テントの中など至る所でアフリカンミュージックに触れる機会があり目がキラキラと輝いてしまいました。
 青空の下、アフリカのビールを呑みながらコンガジャンベトーキングドラムの出すリズムに身をまかせてみたり…幸せな一時です。

 無料のフェスティバルは今月二回目で14、15日に代々木公園で行われたタイ・フェスも賑やかで楽しい感じ。無料フェスティバルにはまりまくってます(^^)/ 
a-thais.jpg

2005-05-18

そば焼酎

20050518013601
 オススメ蕎麦焼酎第三弾「玄庵 福岡県」非常に呑みやすく、香りも良いです。720㍉㍑と量が少なめですが、それでも選んでしまいます。

 お酒を買いに行ったとき、売っていれば迷わず買う代物です(*^。^*)
25% 720㍉㍑
そば 麦 米麹

2005-05-17

ブ~ブ~ミニアンプ

pig.jpg

 ブタの鼻の形をしたヴォリュームノブ。ブヒッ(@_@。

 10年位前に購入したミニアンプ"pignose"(ピグノーズ)です。70年代にエリック・クラプトンジェフ・ベックなどのギターリストがレコーディングで使用していました。
 単三電池6本、またはACアダプターで音が出せるので路上等でも使用可能。大型アンプの歪み用プリアンプとしても使われていたようです。

 蓋の開け閉めで音質が変わったりします。
pignose.jpg


pignose amps

2005-05-17

蝶々マークのフォデラさん

 ベースメーカー、Fodera(フォデラ)について書いてみます。
 DVC20013s.jpg


 1983年のFodera創立。アンソニー・ジャクソンマーカス・ミラーリチャード・ボナマシュー・ギャリソンリンカーン・ゴーインズヴィクター・ウッテンオテイル・バーブリッジマイク・ポープティム・ボガートフェリックス・パストリアス松田"FIRE"卓巳桜井哲夫池田達也などなど名だたるスタジオミュージシャン達が使用しているメーカーです。

■フォデララインナップ
PB系のMonarch(モナーク)
JB系のEmperor(エンペラー)
JB進化形のEmperor2(エンペラー2)
テレキャスターのような形のImperial(インペリアル)
インペリアルを細身にしたようなBeez Elite(ビーズエリート)
ボディーがホロウ構造になっているAnthony Jackson Presentation(アンソニージャクソンプレゼンテーション)

 これらが現時点でのラインナップになっているようです。
※写真はFodera Guitars, IncThe Groove shopで様々な材や形が見れます。更に見たい方はフォデラユーザーの写真が多数あるBASS SWEET HOMEfodera clubをご利用してはいかがでしょうか。

 木材、ネックの長さ、PUの種類、インレイなどを決めてオーダーできます。

 音はクリアで抜けの良いサウンド・・・ありがちな説明ですね^_^;ただ単に鳴りが良いだけでなくバランスがいい感じです。
 ボディー材(アルダー、アッシュ、ウォルナット等)やネック材(メイプル、アッシュ)の使用によってもサウンドは変わると思うので弾いてみてください。
DVC20006s.jpg


 フォデラの輸入代理店はVENコーポレーション。代々木や御茶ノ水に店舗があります。

Fodera Guitars, Inc
VENコーポレーション

theme : 楽器
genre : 音楽

2005-05-16

Sunrise Over Sea/The John Butler Trio

jbt2.jpg

 オーストラリアのジャムバンド“The John Butler Trio”のSunrise Over Sea。ベン・ハーパーのようなスライドギターやバンジョーなど泥臭く熱い演奏が聴けます。
 ちなみにスライドギターサウンドはベン・ハーパーの使っているラップスティールではなく、ボトルバーを使っているみたいです。

 ↓このCDはSunrise Over Seaが出る前に店頭に出てたもの。4曲入りのマキシシングルですが、日本盤は6曲入りです。
jbt.jpg


 今年のボナルーフェスティバルフジロックフェスティバルに出演予定・・・要チェックです。

The John Butler Trio

2005 Bonnaroo Music & Arts Festival
FUJI ROCK FESTIVAL'05

2005-05-12

無料で楽しめる音楽★

※違法じゃありません。こういうものなんです☆

 近年ジャムバンドと呼ばれているジャンルがあります。ジャムバンドのジャムとはjam sessionのjamであり即興演奏を行うバンドのことを指します。ライブ主体であり数多く演奏するライブではアクシデントもそのおもしろみとなったりします。

 ジャムバンドの多くはライブバンドであり、年間に100以上のステージをこなし毎回違った演奏をしています。それらの演奏をバンド側は録音をすることを容認しています。Taper(テーパー)と呼ばれる頻繁にライブ録音をしている人たちはファン同士で音源のトレードなどをしています。
 最近ではそれらをネット上でダウンロードできるようにしているところがあります。
GRATEFUL DEAD LIVE
Internet Archive
Jamz
Aging Rapidly
etree.org
Some SHN Resources
 などなど探せばイロイロあると思います。お勧めはGRATEFUL DEAD LIVEInternet Archiveです。

 おなじみのmp3で直接ダウンロードできるところもありますが、shnファイルやflacファイルが多いように思います。
 shnファイルやflacファイルはダウンロードした後、デコード(waveファイルに戻す作業)をする必要があります。その作業をするソフトは
shnファイル
for win:MKW

for mac:Shorten for Macintosh and Linux
    Joliet File System by Thomas Tempelmann
※参照(A Small .SHN and .MD5 FAQ)
・・・macはよく分かりません(;一_一)

flacファイル
for win&mac:FLAC - Flee Lossless Audio Codec
最近ウィルスかなにかわかりませんがwinXP-SP2で不具合がある感じです。自己責任でどうぞ

ソフトをインストールしましょう。
shnファイルはソフトを起動した後そのウィンドウのなかにmd5ファイルをぶち込み、認識した後に同様にshnファイルを入れればデコードされます。・・・wavファイルになればOK!!
flacファイルはソフトを起動。ファイルを枠の中にいれ"decode"ボタンを押せば万事OK!!
mp3ファイルはダウンロードして再生すればそのままで聴けます。

 ものすごく簡単です(*^。^*)ただ・・・ダウンロードに時間がかかりけっこうストレス感じます。ライブひとつに付きCD3枚分というのもざらにあるので頑張ってください・・・ワタクシの回線速度がおそいせいもありますが・・・。

 CDレヴューで紹介しているバンドも公開ファイルに多数あるので調べてダウンロードしてみてください。部屋の中で踊れますヽ(^o^)丿・・・ぃや、マジで踊ってます(@_@。

オススメ
grateful dead
phish
The String Cheese Incident
m.o.e.
Soulive
The Slip
of a revolution
Karl Denson's Tiny Universe
Ben Harper
John Butler Trio
Jack Johnson
Donavon Frankenreiter
G.Love

theme : 無料で楽しめる音楽★
genre : 音楽

2005-05-11

ジャコ・パストリアス演奏網羅表

jacoarmys.jpg

 ジャコ・パストリアスの参加CDをダァ~っと書いてみます。これ持ってない~みたいな発見がCD収集家の心をくすぐれればなぁ~なんて(・。・)

 ※左がアルバムタイトル、右がオリジナル名義です。
■Jaco Pastorius/Jaco Pastorius
■Word Of Mouse/Jaco Pastorius
■Aurex Jazz Festival'82 Live Twins/Jaco Pastorius Big Band
■Invitation/Jaco Pastorius
■Donna Lee - Live At Budokan '82/Jaco Pastorius
■Honestly/Jaco Pastorius
■Birthday Concert/Jaco Pastorius
■Holiday For Pans/Jaco Pastorius
■Full Complete Session Holiday For Pans/Jaco Pastorius
 ※Holiday For Pansのレコーディング中の音源が入ったCD。Tシャツも付いていました。
■Golden Roads/Jaco Pastorius
※未発表映画のサウンドトラックです。ジャコのベース。
■Heavy'n Jazz/Jaco Pastorius
※ロッカーだったワタクシが始めてジャコに触れた作品。
■Live In Itary/Jaco Pastorius
■PDB/Jaco Pastorius
■Last Flight/Essence featuring Jaco Pastorius

↓※ひともめあった海賊版CD達。
■Live In New York City, vol.1/Jaco Pastorius
■Live In New York City, vol.2/Jaco Pastorius
■Live In New York City, vol.3/Jaco Pastorius
■Live In New York City, vol.4/Jaco Pastorius
■Live In New York City, vol.5/Jaco Pastorius
■Live In New York City, vol.6/Jaco Pastorius
■Live In New York City, vol.7/Jaco Pastorius
■Curtain Call/Jaco Pastorius

↓※ベスト。出そうと思えばいくらでも出せそうな・・・^_^;
■Best Improvisation/Jaco Pastorius
■Best Works Collection/Jaco Pastorius

↓※一曲だけ参加していたCDからジャコの演奏をかき集めたもの。
■Not Fusion But True Jazz/Jaco Pastorius
■Rare Collection/Jaco Pastorius

↓※ジャコの激レア演奏が入ってるCD。
■Broadway Blues&Teresa/Jaco Pastorius
■Punk Jazz/Jaco Pastorius
■Portrait Of Jaco/Jaco Pastorius

■Natural/Francisco Rio featuring Jaco Pastorius
■Black Bird/Jaco Pastorius & Rashid Ari
■Stuttgart Aria/Bireli Lagrene & Jaco Pastorius
■Standards Zone/The Brian Melvin Trio feat. Jaco Pastorius & John Davis
■Night Food/Brian Melvin,Jaco Pastorius
■Jazz Street/Brian Melvin,Jaco Pastorius
■Nightfood/Brian Melvin's Nightfood
■Pastorius,Metheny,Ditmas,Bley/Pastorius,Metheny,Ditmas,Bley

■Black Market/Weather Report
■Heavy Weather/Weather Report
■Mr.Gone/Weather Report
■Night Passage/Weather Report
■Weather Report/Weather Report
■8:30/Weather Report

■Hejira/Joni Mitchell
■Don Juan's Reckless Daughter/Joni Mitchell
■MIngus/Joni Mitchell
■Shadows And Light/Joni Mitchell
■Bright Size Life/Pat Metheny
■Land Of The Midnight Sun/Al Di Meola
■Everyday Everynight/Flora Purim
■Mr.Hands/Herbie Hancock
■Sunlight/Herbie Hancock
■HJ/Herbie Hancock with Jaco Pastorius
■Upside Downside/Mike Stern
■Michel Columbier/Michel Columbier
■All American Alien Boy/Ian Hunter
■Source/Bob Mintzer
■Trilogue:Live at the Berlin Jazz Days/Albert Mangelsdorff
■Intimate Strangers/Tom Scott
■Cliff Hanger/Jimmy Cliff
■I'm Fine How Are You/Airto
■Ira Sullivan/Ira Sullivan
■Down By Law/Deadline
■Music For Planets,People&Washing Machines/Randy Bernsen
■Mo' Wasabi/Randy Bernsen
■Paradise Citizen/Randy Bernsen
■Party Down/Little Beaver
■New Beginnings/Cockrell & Santos

↓※オムニバスものです。
■Havana Jam/Havana Jam
■Havana Jam 2/Havana Jam 2
■Jazz At The Opera House

 なんだかえらいことになってます(笑)一応自分のコレクションとビル・ミルコウスキー氏の「ジャコ・パストリアスの肖像」から書いてみました。
 手に入れてないものを数枚認識・・・欲しい。

2005-05-10

太った指\(゜ロ\)(/ロ゜)/

fatF01.jpg

 前から気になっていたGroove TubesFat Finger(ファットフィンガー)を購入してみました。・・・かなりゴツイです。
 ファットフィンガーを使用しているビリー・シーン曰く「ネックの質量が増し、より多くのサスティンと低音が得られる」・・・とのこと。超絶ギターリストのジョー・サトリアーニも使用していて、まだ確かな情報じゃありませんが、我等がベン・ハーパーも使っているるのではないか!?との曖昧な情報も・・・(;一_一)

 取り付けはものすごく簡単です。ネジを回すだけ。しかしながら、何処に付けるか考える時は誰かに手伝ってもらった方が良いかも・・・取り外して付けるまでに前の音の感覚を忘れちゃいそうで(^^ゞ
fatF02.jpg

 裏側はこんな感じ。

 倍音が増えた感じがしました。サスティーンは伸びるというよりは安定する感じです。まだ、いろいろな場所で試したわけではないので付ける場所によって変わるのかどうかは分かりませんが試してみる価値はありそうです。

 値段はベース用で4000円ぐらいで、ギター用は3000円くらい。ちなみにワタクシは池袋の石橋楽器で最後の一つを購入。頼めば取り寄せてくれると思います。色はクロームとゴールドです。

石橋楽器店

Groove Tubes

theme : 楽器
genre : 音楽

2005-05-09

ステッカー

saruri.jpg

 イラストレーターsaruriさんのステッカーです。下北沢をブラリブラリとあるいていたら、とあるどこぞのお店でこのステッカーを見つけました。
 最近ちょっとしたステッカーマニアになってきていてこういったものは見逃しません(@_@。

 セクシーでいておちゃめな感じの絵に一目惚れです(*^。^*)吉祥寺パルコの6Fsaruriグッズがあるらしいので行ってみようかな・・・と。

イラストレーターsaruriのホームペ-ジ

2005-05-04

ジャコ・パストリアス簡易年表

jaco.jpg

 私が尊敬している・・・崇拝しているベーシストJaco Pastorius(ジャコ・パストリアス)について書こうと思います。

■1951年12月1日生まれ。
■本名はジョン・フランシス・アンソニー・パストリアス三世。
■最初はドラムをプレイしていたがフットボールの試合中に左手首を骨折し、それが基でバンドをクビになりベースに転向する。
■1970年トレイシーと結婚。
■1972年に15人編成のショーバンド“C・C・ライダースに加入。
アイラ・サリバンのバンドに加入。
■1975年ファーストアルバム「ジャコ・パストリアス」をレコーディング。
パット・メセニーのデヴューアルバム「ブライト・サイズ・ライフ」に参加。
■1976年4月1日当時既に有名なフュージョンバンドだったウェザー・リポートに正式加入。
■1978年トレイシーと離婚。
■1979年イングリッドと結婚。
ジョニ・ミッチェルのツアーに参加。
■1981年「ワード・オブ・マウス」をリリース。
■1982年ウェザー・リポートを脱退。
■1983年ワード・オブ・マウスを解散。
■1986年ベルビュー病院の精神科病棟に入院。そして退院。
■1986年12月ギターリストのビレリ・ラグレーンと2度目のヨーロッパツアーに出る。
■1987年9月12日フロリダ州フォート・ローダーデイルの郊外にある深夜バー、ミッドナイト・ボトル・クラブで用心棒と乱闘になり重症。
■1987年9月21日午後9時25分に死亡。

リットーミュージックから出ているビル・・ミルコウスキー著「ジャコ・パストリアスの肖像」から

 ジャコのプレイはアグレッシヴでいて繊細。ジャズでありながらもロックだったり、ベースなんだけれどもギターだったりサックスのような・・・。
 ベースを変えたベーシスト。そんな風になりたいものです(◎o◎)
プロフィール

デュー

  • Author:デュー
  • Bass player
    ソウルタナティヴ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。